ワーキングプア という生き方

ワーキングプアと呼ばれる人たちが増えています。
彼らワーキングプアは、「働く貧困層」などと呼ばれたりします。
ワーキングプアは、就労しているにも関わらず、その生活が苦しい人たちのことなのです。
このサイトではワーキングプアについて見てゆきたいと思います。

アメリカのワーキングプア

ワーキングプア が多いアメリカの今

アメリカは、ワーキングプアという言葉が生まれた国だけあり、さすがにワーキングプアが多いです。アメリカという社会は資本主義経済を重視しています。つまり、成功者には多くの対価が、そうでないものにはそれに見合った対価が支払われるわけです。つまり、成功者とワーキングプアが生まれやすい社会だともいえるでしょう。

 事実、アメリカのワーキングプアは2004年度、約3700万人といわれています。日本の社会も、これからは格差が広がってゆき、アメリカのようなワーキングプアを多数抱える国になってしまうのでしょうか。資本主義は確かに素晴らしいシステムですが、失敗したものには過酷な社会です。今後アメリカのような国になってゆくのでしょうか・・・?

ワーキングプア を知る

その他

ワーキングプア という生き方

ワーキングプア という生き方  All Rights Reserved. 2007 
lastaccess:2009/08/17