ワーキングプア という生き方

ワーキングプアと呼ばれる人たちが増えています。
彼らワーキングプアは、「働く貧困層」などと呼ばれたりします。
ワーキングプアは、就労しているにも関わらず、その生活が苦しい人たちのことなのです。
このサイトではワーキングプアについて見てゆきたいと思います。

生活保護が増えている

ワーキングプア だけではない。生活保護も増加している

ワーキングプアだけではありません。今現在、生活保護を受けている人も増加しています。日本の生活保護者は150万人ほど、世帯数では100万ほど、といわれています。

一方、ワーキングプアは、生活保護水準以下で暮らしている人たち、ということです。彼らの一部は最終的に、生活保護にいきつくことになります。しかし、生活がくるしければ、本来生活保護、という福祉を受けられるのですが、まじめに努力して働いった結果、生活保護よりもきつい暮らしをしなくてはならない、ということには?を感じる人も多いようです。これは、日本の法律で定められている最低賃金が、生活保護で受給できる金額よりも安い、ということに起因しています。そのため、最低賃金に関して見直しを求める動きも現在でているようです。しかし、生活保護を受けるのには様々な条件を満たす必要があります。働く能力がある人の場合、その能力に応じて働いている、ということが一つ、もう一つは生活保護の対象となっている世帯が、知人、自分の資産、収入を活用している、という点です。それでも収入が生活保護水準でなければ、生活保護を受けることができるわけです。

ワーキングプア を知る

その他

ワーキングプア という生き方

ワーキングプア という生き方  All Rights Reserved. 2007 
lastaccess:2009/08/17