ワーキングプア という生き方

ワーキングプアと呼ばれる人たちが増えています。
彼らワーキングプアは、「働く貧困層」などと呼ばれたりします。
ワーキングプアは、就労しているにも関わらず、その生活が苦しい人たちのことなのです。
このサイトではワーキングプアについて見てゆきたいと思います。

ワーキングプア は何故ふえた

ワーキングプア が増えたのは、バブル経済のせい

ワーキングプアが増加している背景には、バブル崩壊後の影響によるものだ、といわれています。その理由を追って見ましょう。

 バブル経済期、日本では設備投資と雇用の拡大を行っていました。過剰なまでの設備投資と雇用拡大は、バブル経済崩壊後、企業の経営を圧迫することになります。

 そこで、企業は人件費の削減に乗り出します。まず、正社員の採用を抑制、ついで、不足した労働力をアルバイトやパートといった低コストですむ人材で補います。結局、トータルでみると、総人件費の抑制につながるため、非常に合理的にコストの圧縮が可能となったわけです。

 しかし、これは裏を返せば、今まで高給をもらっていた人が減り、アルバイト、パートなどの数が増加する、ということです。すなわち、低賃金層が増加する、というわけです。ワーキングプアが増加した理由の背景に、企業のコスト圧縮があった、ということがわかります。

ワーキングプア を知る

その他

ワーキングプア という生き方

ワーキングプア という生き方  All Rights Reserved. 2007 
lastaccess:2009/08/17